少しでも金額を抑えたい!購入時のコツ

少しでも金額を抑えたい!購入時のコツ

車を購入するのは、月末がオススメ。

 

基本的に車の営業マンには、毎月ノルマがあります。また、店舗全体のノルマが存在します。

 

その月のノルマを達成していない店であれば、大幅な値引きが見込めます。

 

車の登録日をいつまでと指定される場合もありますが、そこは我慢しましょう。

 

そして、最終的な値引き交渉は店長も交えて行えればベストです。

 

次に、車体の色で悩んだ時は黒か白を選びましょう。

 

特に気に入った色がない場合です。

 

車の買替えや売る場合を考えると、黒や白は他の色より高査定をしてもらえる可能性があります。

 

また、パール仕様を選ぶと普通の色よりお金がかかります。

 

購入金額を抑えたいのであれば、パール仕様以外のものを選びましょう。

 

見積もりを取るときは、付属(オプション)の項目をしっかり見ましょう。

 

諸経費の高さに目が行きがちですが、そこは税金など削ることができない金額なので仕方ないです。

 

しかし、付属の部分は削ることができます。本当に必要かどうか見極めましょう。

 

営業マンの「皆さん付けられています。」の言葉に惑わされず、要らないものは外してください。

 

それから、自分の好きな数字を車のナンバーにできる「希望ナンバー」もお金が必要です。

 

最近では一般的になっているので、当然のように見積もりに入っている場合があります。

 

数字にこだわりがないのであれば、外してしまってもいいでしょう。

 

最後に、車を購入することは販売店や営業の人との長い付き合いの始まりでもあります。

 

金額だけにとらわれず、販売店の雰囲気や担当者の人柄をよく見て購入を決断しましょう。

 

↓のURLから車買取の詳細を見てください。
http://carsensor.net/

関連ページ

ボディーカラーは査定額を左右する
車のボディカラーは査定額と大きな関係があります。 走っている車を見ていればわかりますが、もっとも多い車の色は白です。
軽の購入に良いタイミングとは 
日本は国土も狭くて小さくて小回りの利く軽自動車は常に人気がありますが、少しでも安く購入する為には適したタイミングがあり、それを知っておく事でお得に購入可能です。
価格が決まるポイントとは
中古車には本当にいろいろなものがあります。 世の中にいろいろな人がいるように、中古車もいろいろなのです。
売値と買値の差額とは
車に関わらず物を売った事がある人なら、誰でもわかることですが、売値と買値には大きな差があります。
新車をお得に買う方法とは
新車を購入するなら3月と9月がオススメです。 なぜなら、車がプライスダウンするお得な時期だからです。
購入するときの場所と時期は?
車を買おう考える時期は人それぞれ。 買いたいときが買い時というのが、セールスマンがよく使う文句ですが、そうは思っても、簡単に決断するには少し値が張る買い物ですよね。
域格差が結構あります
以前、ディーラーの元営業マンに「ネットでこれくらいの値引き額が提示されているけど妥当なの?」と聞いたことがありますが、「それは東京の方のディーラーの値引き額であって、地方のディーラーではそんなに大きく値引きしてくれないよ」と言われたことがあります。
残価設定型ローンも検討すべき
街のディーラーの看板や、新聞折り込みチラシでも良く目にすることがある、新車購入の際の「残価設定型ローン」。
2度目の値引きは希望金額を下げる
車を買うときには、高いものであればあるほど安く買いたいと思うのが多くの方の心理ですが、実際はなかなか難しいことも多いです。
モデルチェンジの内容に注意
車を売るあとには車の購入が待っています。そんな人に車を購入するときの基本知識をご紹介します。
業者の担当者との人間関係
過去の経験からの話を基にした車の売買に関しての内容となりますが、やはり効率よく売買をしていくには、そこの取引先である業者の責任者の人間性なども大きく関わってくるような感じもあります。
複数のディーラーに見積もり
中古車はその車の程度や、車種・グレードなどによる人気の偏りにより価格が決まります。
トヨタのプリウスを購入
私は自宅が駅の近くにあるものの毎日のように車を使用しています。