残価設定型ローンも検討すべき

毎月の支払金額を抑えたい場合には残価設定型ローンも検討する価値あり

街のディーラーの看板や、新聞折り込みチラシでも良く目にすることがある、新車購入の際の「残価設定型ローン」。

 

収入もなかなか増えない昨今、利用される方も多いのではないでしょうか。

 

残価設定型ローンは、毎月の支払金額を低く抑えられるというメリットが大きく、資金面で車購入に対して大きなお金を掛けられないという方には、大変おススメな購入方法です。

 

しかし残価設定型ローンでの購入は、全ての方に対しおススメ出来るものではありません。

 

実際、デメリットも色々あります。

 

以下のようなケースであれば、残価設定型ローンでの購入も良いのではないかと思います。

 

・毎月の支払を低く抑えたい

 

・年間10,000km以下しか乗らない

 

・改造などに関心がない

 

ローン支払い中は、所有権はディーラーにあるので、残価が目減りしてしまうような、車に手を加えることはご法度と言っても良いです。

 

残価設定型ローンで車を購入する1番のメリットは、毎月の支払を低く抑えられることです。

 

しかし、契約時の金利にもよりますが、総支払額が高くなるのは否めません。
それを承知の上で、毎月の支払額を抑えたいという場合には、残価設定型ローンは良い選択肢の1つだと思います。

 

3〜5年後に、「残価」をどうするかを選択することになります。

 

車を返却するか買取るかの2つですが、買取る場合にも、3年ローンなどを組むことが出来ますので、それまでの支払ってきたローンよりも低い支払額で乗り続けることも可能です。

 

車購入に際しての資金はないのだけれど、とりあえず数年間は車が必要な場合には、毎月の支払額を抑えられる「残価設定型ローン」での購入も、検討する価値は十分にあると思います。

 

↓のURLから車買取の詳細を見てください。
http://carsensor.net/

関連ページ

ボディーカラーは査定額を左右する
車のボディカラーは査定額と大きな関係があります。 走っている車を見ていればわかりますが、もっとも多い車の色は白です。
軽の購入に良いタイミングとは 
日本は国土も狭くて小さくて小回りの利く軽自動車は常に人気がありますが、少しでも安く購入する為には適したタイミングがあり、それを知っておく事でお得に購入可能です。
価格が決まるポイントとは
中古車には本当にいろいろなものがあります。 世の中にいろいろな人がいるように、中古車もいろいろなのです。
売値と買値の差額とは
車に関わらず物を売った事がある人なら、誰でもわかることですが、売値と買値には大きな差があります。
新車をお得に買う方法とは
新車を購入するなら3月と9月がオススメです。 なぜなら、車がプライスダウンするお得な時期だからです。
少しでも金額を抑えたい!購入時のコツ
車を購入するのは、月末がオススメ。 基本的に車の営業マンには、毎月ノルマがあります。また、店舗全体のノルマが存在します。
購入するときの場所と時期は?
車を買おう考える時期は人それぞれ。 買いたいときが買い時というのが、セールスマンがよく使う文句ですが、そうは思っても、簡単に決断するには少し値が張る買い物ですよね。
域格差が結構あります
以前、ディーラーの元営業マンに「ネットでこれくらいの値引き額が提示されているけど妥当なの?」と聞いたことがありますが、「それは東京の方のディーラーの値引き額であって、地方のディーラーではそんなに大きく値引きしてくれないよ」と言われたことがあります。
2度目の値引きは希望金額を下げる
車を買うときには、高いものであればあるほど安く買いたいと思うのが多くの方の心理ですが、実際はなかなか難しいことも多いです。
モデルチェンジの内容に注意
車を売るあとには車の購入が待っています。そんな人に車を購入するときの基本知識をご紹介します。
業者の担当者との人間関係
過去の経験からの話を基にした車の売買に関しての内容となりますが、やはり効率よく売買をしていくには、そこの取引先である業者の責任者の人間性なども大きく関わってくるような感じもあります。
複数のディーラーに見積もり
中古車はその車の程度や、車種・グレードなどによる人気の偏りにより価格が決まります。
トヨタのプリウスを購入
私は自宅が駅の近くにあるものの毎日のように車を使用しています。