複数のディーラーに見積もり

在庫数や販売目標の状況によって値引きの額も変わってきます。

車をできるだけ安く購入するためのコツについてご紹介しよう。
まずはディーラーを決めるのですが、1つに決めてはいけません。
そうです。

 

まず、複数のディーラーから見積もりをもらおう。
購入車の見積もりは、必ず複数のディーラーに作成してもらうことです。同じ系統のディーラーでも、在庫数や販売目標の状況によって値引きの額も変わってきます。
そのため、1社だけではなく、複数のディーラーで見積もりをもらって金額比較をしてみましょう。
値引きの相場観を知るのにも役に立ちます。

 

このときオプションはあまりつけず、本体の見積もりをお願いするのがコツです。
最初からオプションつきの見積もりだと車両本体の値引き額が曖昧になってしまいますし、オプション設定は交渉の最後の方にした方が値引きしてもらえる可能性が高いので、最初の見積もりでは言わない方がいいでしょう。
複数のディーラーを回るのは結構面倒くさいですが、安く買うための必要な手間だと考えることです。

 

・下取り価格を高くしよう。
車を安く買おうとするときに、キーポイントは実はここかもしれません。
購入しようとする車を何とか安くしたいとアレコレ工夫する人はいますが、下取り車の買取価格は意外と盲点になりやすいのです。
たとえ購入者の値引き額が変わらなくても、下取り価格が高くなれば実質的な値引き額は大きくなったということですからね。

 

ですので、なるべく高く買い取ってもらうことを意識することが大事です。
より高く売るためには、ディーラーに下取りしてもらうよりも、中古車買取店にお願いする方が絶対におすすめですね。
なお、業者間でも査定額に大きな差が出る可能性もありますので、必ず複数業者で査定してもらうようにすることです。

関連ページ

ボディーカラーは査定額を左右する
車のボディカラーは査定額と大きな関係があります。 走っている車を見ていればわかりますが、もっとも多い車の色は白です。
軽の購入に良いタイミングとは 
日本は国土も狭くて小さくて小回りの利く軽自動車は常に人気がありますが、少しでも安く購入する為には適したタイミングがあり、それを知っておく事でお得に購入可能です。
価格が決まるポイントとは
中古車には本当にいろいろなものがあります。 世の中にいろいろな人がいるように、中古車もいろいろなのです。
売値と買値の差額とは
車に関わらず物を売った事がある人なら、誰でもわかることですが、売値と買値には大きな差があります。
新車をお得に買う方法とは
新車を購入するなら3月と9月がオススメです。 なぜなら、車がプライスダウンするお得な時期だからです。
少しでも金額を抑えたい!購入時のコツ
車を購入するのは、月末がオススメ。 基本的に車の営業マンには、毎月ノルマがあります。また、店舗全体のノルマが存在します。
購入するときの場所と時期は?
車を買おう考える時期は人それぞれ。 買いたいときが買い時というのが、セールスマンがよく使う文句ですが、そうは思っても、簡単に決断するには少し値が張る買い物ですよね。
域格差が結構あります
以前、ディーラーの元営業マンに「ネットでこれくらいの値引き額が提示されているけど妥当なの?」と聞いたことがありますが、「それは東京の方のディーラーの値引き額であって、地方のディーラーではそんなに大きく値引きしてくれないよ」と言われたことがあります。
残価設定型ローンも検討すべき
街のディーラーの看板や、新聞折り込みチラシでも良く目にすることがある、新車購入の際の「残価設定型ローン」。
2度目の値引きは希望金額を下げる
車を買うときには、高いものであればあるほど安く買いたいと思うのが多くの方の心理ですが、実際はなかなか難しいことも多いです。
モデルチェンジの内容に注意
車を売るあとには車の購入が待っています。そんな人に車を購入するときの基本知識をご紹介します。
業者の担当者との人間関係
過去の経験からの話を基にした車の売買に関しての内容となりますが、やはり効率よく売買をしていくには、そこの取引先である業者の責任者の人間性なども大きく関わってくるような感じもあります。
トヨタのプリウスを購入
私は自宅が駅の近くにあるものの毎日のように車を使用しています。