ジムニーHA1996年度式が10万円台

私がそれまで、約12年間乗車していたスズキ社のジムニーHA(ハードトップグレード)を売却した時期は、2010年の2月でした。

 

このHAタイプは1996年度式のものであり、軽4WD車の中でもなかなか性能が良く、急な勾配である坂道や凍結している積雪路面、オフロードでの走行なども可能であり、そのうえ1Lのガソリンで当時18qも走行距離での燃費が伸びるという点で大変優れており、このため購入価格の総額なども、160万円台というある程度の相場での高さがありました。

 

ただ、こういった事情などもあり、購入元の整備工場の社長さんによる買取行為においての買い取り額の高さはとても中々な相場でしたので、割と良い感じでした。
私の例の場合、元々同車の購入元である知人でもある車整備工場を経営をしている社長さんへ、そのまま売却をしたような流れですので、この記事を読まれているみなさんの参考になるかどうかは自分でもわかりません。

 

それでもやはり、実際に10年以上もの間、乗車をした自分の車を、10万円台もの金額で買取をしてくれましたので、この自分の場合の例をなるだけ世の中の多くの方々へ伝える事を、自分なりに私は判断をして決めました。
正直、世の中には私のような人同士のつながりを利用したカタチでの自分の車の売却などが出来ない方なども多くおられる事と思います。
あくまで、買取専門業者や中古車ディーラーなどが買取をしてくれない場合などでの最終手段として、参考になればいいです。

関連ページ

市場におけるディーゼル乗用車の扱い
ほんの十数年前のことではありますが、環境問題への取り組みと低公害車の推進のため、環境負荷の高いディーゼルエンジン乗用車に対する規制法が一部の地域で施行されました。
ティーダを11年目で売ってみて
私は、今年の3月の末に11年間乗ってきた車を売りました。車種は日産のティーダ15M(1,500cc)で、走行距離はちょうど6万キロになるところでした。
査定が割と高くなるケースとは
車を売りたいときには、まずは最低をしてもらいますけど、今は軽自動車が結構高い金額で売れやすくなっています。
ツーシーターを個人間売買で入手
車は、とてもいろいろな要素で判断する大きな買い物です。
タントを安く買うために
現在40歳の男性会社員ですが、去年タントを新車でディーラーから購入しました。 その時の値段交渉で工夫したのが2点あります。
ワーゲンゴルフ2006年が70万円
新車で購入をしましたフォルクスワーゲンゴルフ2006年モデルに乗っていましたが、別の車の購入資金に充てる為に売却をする事になりました。