新車の値引き交渉について

新車の値引き交渉で営業マンに負けない方法

車を買おうとするときほとんどの人は定価ではなく、いくらかの値引きをして購入されていると思います。値引き交渉を積極的に行っている方もいれば、なかなか値引き交渉はしづらいという方もいらっしゃると思いますが、どうせ値引きしてもらえるのであれば大きい方がいいと思います。
そんな値引きの上手なやり方についてご説明いたします。

 

まず、新車ですが欲しい車があったとしても、ディーラーの営業マンには「あのメーカーのあの車種も気になっていて…」と競合相手を伝えましょう。競合の相手はできる限り似ている車を選んだ方がいいと思います。

 

また、購入時期もはっきりと伝えることも重要です。営業マンの立場からすれば近日中に必ず購入する見込み客がいるにもかかわらず、黙って他社に取られる訳にはいきませんから、値引き幅を多めにしてでも成約させたいと考えるのが普通です。

 

おおよその値引き幅はインターネットなどで事前に調査しておくとよいと思います。
新車の場合、発売間もない時は値引き幅が小さく、時間がたつにつれて値引き幅が大きくなっていきます。

 

新モデルの発表の直前の場合、現行モデルはかなり大きく値引きすることもありますからこの部分も考慮するといいでしょう。

 

しかし、ディーラーによって値引きできる限度が変わってきますので注意が必要です。

 

↓で車一括査定をしてみましょう。
http://carsensor.net/

関連ページ

ディーラーの試乗車をねらえ!
車は新車に限ると考えている人は多いのではないでしょうか。でも、あなたが少しでも程度のいい車をなるべく安く手に入れたいなら、もっといい方法がありますよ。
オークションサイトから安く買う
車をオークションサイトから買うというのは何とも勇気がいるかもしれません。ら車を購入している例は多くありますし、出品している人も多くいるので、流行の形態の1つとも言えると思います。
信頼できる会社から買おう
車を買うとき、何よりかにより気をつけなきゃならないのが、その車が事故車であることです。自動車を新品で買う場合は何てことないのですが、中古車だったらまず気を付けなければなりません。
デミオが80万円安くなりました
自分は去年の10月にはじめて車を購入させていただきました。一般的には車の購入が遅いといわれると思いますが、自分はもともと車にはほとんど興味がなく、独身時代をすごしておりました。
購入するならフィットがおすすめ
車の維持費なども職場の同僚からいろいろと聞いてみると、ローンや燃費や保険などいろいろとかかり、給料の3割を車に使用する同僚が多かったです。
購入する際にしておくべきこと
新車で車を購入する際に一番初めにする事と言えば、欲しい車を選ぶことです。乗る人数はどれくらいか、使う用途は通勤なのかアウトドアなのか買い物だけなのか、予算はどれくらいか。
ディーラー以外という選択
新車を買うとしたらディーラーで買うというのがまだまだ一般的だと思いますが、今やカー用品専門店や中古車を取り扱う業者でも新車が買える時代でもあります。
値引きを引き出すコツ
車を購入しようという時には、メーカーごとの同クラスの車種を選んで、それぞれのディーラーに「向こうではプリウスが20万円値引いてくれた」などと言って、値引きを引き出す交渉をすると思います。
ライバルの見積もりをとってみる
ここでは、車を少しでも安く購入するコツで二つの点について触れてみたいと思います。
買う気がある姿勢を見せる
車を安く買うためのシンプルな方法についてーできれば車を安く買いたいけど、交渉はかなり苦手・・という人は、ディーラー以外のお店にいくことも検討しましょう
オークションで購入する方法
2年前に少し古めですがスバルのレガシィを購入しました。
ハイブリッドカーを購入する
最近では中古車市場に大変高い人気が集まっています。多くの方にとって大変重要な要因としていかにして素敵な車を購入して多くの経済的インフラ的なメリットを得るかがあります。